鹿島 3-2 唐津東 先手先手で得点を挙げた鹿島が唐津東に競り勝った。

 1-1と追い付かれた直後の五回裏、鹿島は4番楠久の中前打などで1点を加えた。再び同点とされた七回は、2死から2番松尾良が左前打で出塁し、すぐに二盗。続く深村が中前打を放ち、決勝点を挙げた。先発福島は176球を力投。走者を抱えながらも要所を抑えた。

 唐津東は五回、六回と2度同点に追い付いたが、その後は2安打に封じられた。■中軸の2人が躍動 鹿島を勝利に導いたのは、2番松尾良太と3番の主将深村晃紀だった。唐津東に再び同点とされ迎えた七回裏、2死から2人の連打で決勝点を奪った。ここ一番で高い集中力を見せ、大坪慎一...    
<記事全文を読む>