最後の打者を二ゴロに打ち取ると、鳥栖商の左腕エース田中は左拳を高く突き上げた。「1年前のリベンジができた。勝った瞬間、泣きそうになりました」。9回2死三塁の窮地をしのぎ、昨夏の初戦で屈した強豪を撃破。「打倒佐賀商」を目指した努力が報われた。

 3回以外は毎回走者を許しながら、粘り強い投球で2失点完投。直球の最速は130キロに届かないが「自分は三振を取る投手じゃないので」とチェンジアップやスライダーを織り交ぜ、打たせて取る投球を徹底した。■2失点で完投 5回は失策絡みで2点を失ったが、続く2死一、二塁で相手の4番竹下を右邪飛に打ち取った。「守備のミスが出た中でよく投げた」。1点差で...    
<記事全文を読む>