第99回全国高校野球選手権佐賀大会は15日、佐賀市のみどりの森県営球場で3回戦3試合があり、佐賀学園と唐津商のシード2校と鳥栖が準々決勝進出を決めた。

 佐賀学園は多久に先制を許したが、すぐに追い付き、逆転勝ち。唐津商は11安打を放って敬徳を下した。1点を争う熱戦を展開した鳥栖は、九回表に逆転に成功し、球場を沸かせた。

 16日は同球場で3回戦2試合があり、8強が出そろう。

...    
<記事全文を読む>