佐賀北は中盤の大量得点で致遠館に逆転勝ちした。

 1-4で迎えた四回、佐賀北は代打千速の右中間二塁打を皮切りに、原田の左越え3点二塁打や、赤峰の中前適時打など打者一巡の攻撃で一挙7点を奪った。六、七、八回に1点ずつ、九回に3点を加えダメを押した。投手は中島拓、小野佑、高垣とつないだ。

 致遠館は三回、江頭悠の左中間への3点二塁打などで4点を奪ったが、二番手の小野佑を攻略できなかった。

 佐賀北・千速誉大(逆転の口火となる右中間二塁打を放つ)低めの直球をはじき返した。代打なので甘い球を狙うことを心がけている。

 致遠館・江頭悠哉(三、五回の適時打で4打点)どちらも打ったのはストレート。集...    
<記事全文を読む>