■第1シード佐賀北と接戦 勝負強さを見せつけた佐賀北が塩田工に逆転勝ちした。

 佐賀北は3点を追う一回裏、1番野田が中前打で出塁。犠打と3番原田の右前打で1死一、三塁とすると、4番古川、5番赤峰の連続適時打で3点を奪い、試合を振り出しに戻した。同点で迎えた四回は2死二塁から3者連続四死球の押し出しで勝ち越し。五回にもスクイズで1点を加えた。

 塩田工は二回以降、打線がつながらず、主戦副嶋を援護できなかった。■主戦・副嶋、ひるまず勝負 「完璧と思った球も持っていかれた。自分の力不足」-。佐賀北の強力打線に真っ向勝負を挑んだ塩田工の副嶋一輝は、そう言って唇をかんだ。初回に3点を奪い、第...    
<記事全文を読む>