夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権佐賀大会は8日、佐賀市のみどりの森県営球場で開幕し、参加41チームが熱戦を繰り広げる。昨秋と今春の県大会を制した佐賀北をはじめ、2連覇を狙う唐津商など実力伯仲の大会になりそう。決勝は23日の予定。

 第1シードの佐賀北は制球力のある主戦中島拓、控えの小野、捕手赤峰を軸にした堅守が持ち味。県大会のチーム打率は3割4分7厘で、4番古川は体格に恵まれ長打も期待できる。

 NHK杯を制し、第2シードに入った唐津商も粘り強い守りの野球が身上。投手陣は球威のある田口が柱で、球のキレで勝負する伊藤諒が控える。第3シードの佐賀商は木村、永渕、吉末の3...    
<記事全文を読む>