第99回全国高校野球選手権の福岡県大会は23日、小郡市野球場(同市大保)で5回戦の2試合があり、東筑と福岡工大城東が勝ち、ベスト8が出そろった。4連覇が懸かっていた九州国際大付は、昨年の決勝戦の相手、福岡工大城東に敗れた。

 東筑は二回にスクイズで先制。エース石田旭昇投手(2年)が被安打3の完封で1点を守りきり、九産大九州を破った。

 福岡工大城東は初回に先制されたが、スクイズなどで得点を重ね、最終回、九州国際大付の猛追を1失点で振り切った。

 24日には準々決勝の2試合が予定されており、午前10時から福岡大大濠-小倉工、午後0時半から久留米商-筑陽学園が対戦する。

    ◇    ...    
<記事全文を読む>