第99回全国高校野球選手権福岡大会は14日、都市圏勢10校が3回戦に登場し、東福岡や筑紫中央など6校が4回戦に進出した。シードの東海大福岡は高稜に五回コールド勝ち、古賀竟成館は嘉穂東にサヨナラ勝ちした。春日と福岡中央は、春日が七回コールドで勝った。筑紫は三池工を破った。

 15日は、都市圏の7校が3回戦に登場する。

...    
<記事全文を読む>