第99回全国高校野球選手権高知大会第8日は7月25日、春野球場で準決勝が行われる。第1試合は第1、第4シードの明徳義塾、岡豊の争い。第2試合は、第2シード中村と、ノーシードから勝ち上がった梼原が戦う。2試合を展望する。明徳―岡豊 守備ミスは命取り 第1試合の明徳は22年連続、岡豊は7年ぶりの準決勝進出。現チームでは、四国秋季県予選の準決勝で対戦し、明徳が3―0で勝った。

 明徳は初戦の2回戦で高知商に10―4。エース左腕北本は八回途中までを被安打10、5四球といまひとつの内容だったが、打撃では自ら3点本塁打を放って試合を決めた。準々決勝の高知南戦で先発した右腕市川は140キロ近い...    
<記事全文を読む>