第99回全国高校野球選手権(8月7日開幕・甲子園)に24年ぶり3度目の出場を決めた三本松ナインの壮行会が28日、香川県東かがわ市三本松の同校体育館で行われた。生徒や教職員ら約480人がエールを送り、ナインは全力プレーで甲子園での初勝利を誓った。

 壮行会では、優勝旗を手にした渡辺裕貴主将を先頭に部員、マネジャーの計52人が、吹奏楽部の演奏と生徒らの拍手に迎えられて入場。まず、日下広太監督が優勝を報告し、竹内伸校長が「臆することなく全力を出し切れば道は開ける。たくさんの応援の前で感動するプレーを見せてほしい」と期待を寄せた。

 続いて、野球部後援会の松田勝成会長が「思い切り三本松高校...    
<記事全文を読む>