第99回全国高校野球選手権香川大会第6日は15日、高松市生島町のレクザムスタジアムなど2会場で2回戦6試合を行い、ベスト16が出そろった。

 レクザムの第1試合は、初回に7点を奪った高松商がその後も加点し、10―0の六回コールドで志度に大勝。

 第2試合は、大手前高松が六回にスクイズで勝ち越し、七回にも2点を追加。粘る観音寺一に7―4で競り勝った。

 第3試合は、4点を追う津田が中盤から反撃。同点の九回1死二塁で六車が左翼線二塁打し、高松中央に5―4でサヨナラ勝ちした。

 四国Cスタ丸亀(丸亀市金倉町)の第1試合は、五回にスクイズや長打などで一挙6点を奪った高松北が高松東の反撃をかわし...    
<記事全文を読む>