第99回全国高校野球選手権徳島大会第12日は26日午前10時から、鳴門オロナミンC球場で準決勝2試合が行われる。第1試合は第1シードの鳴門渦潮と川島が対戦する。見どころを探った。

 ◆鳴門渦潮VS川島  2試合連続2桁得点の鳴門渦潮の強力打線を、川島の左腕藤田淳がいかに抑えるかが最大の焦点となる。総合力で鳴門渦潮がやや優勢か。

  鳴門渦潮のチーム打率3割7分1厘、長打10本はいずれも4強中1位。2回戦でサイクル安打を達成した3番野口は6割2分5厘で4打点。4番笹田も4割を超えており5打点と勝負強い。1番豊久は準々決勝で本塁打を放ち、8番河野も8割5分7厘で4打点。上位下位に関係な...    
<記事全文を読む>