第99回全国高校野球選手権徳島大会第12日は26日午前10時から、鳴門オロナミンC球場で準決勝2試合が行われる。第2試合は第2シードの生光学園と板野が対戦する。見どころを探った。

 ◆生光学園VS板野 3試合で27回を投げて自責点1の板野の右腕森井を好調な生光学園打線が打ち崩せるか。1点を争うロースコアの展開が予想される。

  エースの森井は威力のある速球と鋭く落ちるスライダーを武器に29三振を奪い、許した安打は5本、防御率0・33。2回戦と準々決勝では外野に飛んだ打球はいずれも2本と、ほぼ完璧な内容だった。3試合とも100球以上を投げており、スタミナ面の不安もない。

  生光学園の...    
<記事全文を読む>