第99回全国高校野球選手権山口大会(県高野連など主催)第5日は21日、県内4球場で2回戦の残り8試合が行われ、長門、宇部商、徳山、岩国商、萩商工、豊浦、柳井学園、高川学園が3回戦に進んだ。柳井学園や高川学園、岩国商はコールドで快勝し、宇部商は終盤に逆転勝ち。徳山は延長十四回で防府商工を制した。22日は4球場で3回戦8試合が行われ、県決勝大会に進むベスト8が決まる。

 【評】徳山が延長十四回に3点を勝ち越して防府商工を下した。3点を追う八回、4番石丸の適時打などで同点に追い付く。延長十四回、相手の失策で1点を追加、1番磯村の適時打三塁打などで計3点を勝ち越す。投手陣は4投手が継投。...    
<記事全文を読む>