第99回全国高校野球選手権山口大会(山口県高野連など主催)が15日、県内4球場で開幕する。昨年より1校多い60校が甲子園の切符を懸けて争う。優勝争いは、春夏連続出場を狙う宇部鴻城が最有力。春季県大会で準優勝の岩国商や4強の徳山商工などシード勢、連覇を目指す高川学園などが続く。

...    
<記事全文を読む>