第99回全国高校野球選手権広島大会第2日は9日、福山市民球場などで1回戦13試合があり、伝統校の広島商や国泰寺などが2回戦進出を決めた。備後勢では神辺旭が延長戦を制し、盈進がコールド勝ちしたが、大門、神辺、三原などは敗退した。10日は福山市民球場などで1回戦の残り12試合がある。▽1回戦広 10―0 三原広島商船高専 10―0 呉宮原庄原格致 8―1 府中盈進 9―0 熊野三次 10―3 三原東賀茂 5―4 大門美鈴が丘 7―6 基町福山明王台 5―3 呉高専広島国際学院 8―1 福山誠之館広島国泰寺 9―3 呉工尾道北 4―1 神辺広島商 1―0 尾道東神辺旭 2―1 吉田 ...    
<記事全文を読む>