第99回全国高校野球選手権岡山大会第2日は15日、倉敷マスカットスタジアムなど岡山県内3球場で1回戦7試合があった。

 シードの城東は橋本の適時打による2点を高橋、片山の継投で守り抜き、倉敷南に2―1で勝利。一宮は右腕武部の好投で水島工に4―0の完封勝ちを収め、前回4強の山陽は11―1の五回コールドで岡山南を下した。林野は津山商との県北勢対決を4―2で制し、打線が18安打を放った学芸館は8―3で笠岡商を退けた。このほかシードの倉敷工、理大付も2回戦に駒を進めた。

 第3日の16日も同スタジアムなど3球場で1回戦7試合がある。

 ▽1回戦城東 継投で接戦制す倉敷南000100000|1...    
<記事全文を読む>