夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権岡山大会第1日は14日、倉敷マスカットスタジアムで開会式に続いて1回戦2試合があり、玉野と和気閑谷が初戦を突破した。

 玉野は主戦も務める新宮が3打点を挙げるなど9―4で笠岡工に逆転勝ち。和気閑谷は主将の藤原が放った2点本塁打が決勝点となり、2―0で作陽を下した。

 大会は同スタジアム、倉敷市営、エイコンスタジアム(美咲町)の3球場で実施。順調に日程が消化されれば19、26日の休養日を挟み、28日に代表校が決まる。

 第2日の15日は1回戦7試合が行われ、マスカットスタジアムでは倉敷工、城東、理大付のBシード3校が登場する。▽1回戦笠岡...    
<記事全文を読む>