第99回全国高校野球選手権島根大会は25日、県立浜山球場で行われる予定だった準決勝2試合が、雷雨のため26日に順延となった。決勝は27日の予定。会場はいずれも同球場。

 午前11時開始予定だった第1試合の益田東-大社の試合前、シートノック直前に雷を伴う激しい雨となり、グラウンドは瞬く間に水に漬かった。

 両校ナインが待機したそれぞれのベンチにも雨水が流れ込む状態で、同10時半ごろ中止が決定。益田東の大庭敏文監督は「状況は相手も一緒。いい休養になる」と捉え、大社の堀章夫監督は「どんな状況でも関係ない。今できることをやるだけ」と仕切り直しに向け、気持ちを切り替えた。26日の試合◯…県立...    
<記事全文を読む>