第99回全国高校野球選手権島根大会第5日は19日、県立浜山球場と松江市営野球場で2回戦4試合が行われ、16強の3回戦進出校が出そろった。松江高専が浜田商に4-1で快勝し、初の16強入り。浜田は松江西を7-3で下し、情報科学、開星はコールド勝ちした。

 20日は終業式のため試合がない。第6日は21日に両球場で3回戦4試合があり、8強入り4校が決まる。主戦・勝田 光る制球 97球完投  【評】松江高専が好機を確実に生かして得点を重ね、勝田の力投で逃げ切った。

 三回1死二、三塁で八幡垣の遊ゴロの間に三走中島がかえり先制。四回2死二塁で勝田の右中間三塁打で加点し、優位に進めた。

 主戦右腕...    
<記事全文を読む>