第99回全国高校野球選手権島根大会が15日、出雲市の県立浜山球場で開幕し、初日の1回戦1試合は、春季県大会4強の浜田が三刀屋に3-2でサヨナラ勝ちした。

 試合に先立つ開会式は、出場39校が昨年優勝の出雲を先頭に組み合わせ番号順に入場行進。邇摩の影山力也主将が選手宣誓した。

 試合前の始球式は陸上女子100メートル障害で今夏の南東北総体(インターハイ)に出場する大社1年の長崎さゆりさんが務め、スタンドを沸かせた。

 大会は26日までの日程。第2日は16日、県立浜山球場、松江市営野球場の2会場で、1回戦6試合がある。三刀屋主戦13K実らず 【評】浜田重川、三刀屋内田の投手戦は、浜田が九...    
<記事全文を読む>