第99回全国高校野球選手権兵庫大会最終日は28日、明石市の明石トーカロ球場で決勝があり、神戸国際大付が4-0で明石商を破って3年ぶり2度目の優勝を果たし、明石商は3年連続で準優勝に終わった。

 明石商の狭間監督はさばさばと振り返った。「向こうの力が上やったね」。五回まで無安打に封じられ、得意のバントも一つ。小技で揺さぶる攻めを繰り出せなかった。

...    
<記事全文を読む>