打っては4打数4安打。守っては、フェンス際の飛球に繰り返し食らい付く。神戸国際大付の森田は攻守に躍動し、「チームとして勝てたのが一番うれしい」とうなずいた。

 「自分はホームランバッターじゃない」。この夏、打順は1番から3番に変わったが、後続の猪田らにつなぐことを第一に考えた。この日も一回、3球ファウルで粘った末に、内角の直球をとらえた。やや詰まりつつも振り切ることを意識し、右前へチーム初安打。「来た球を打っただけ。必死だった」と、続く猪田の先制2ランに結び付けた。

...    
<記事全文を読む>