東播磨高校(兵庫県稲美町中一色)放送部の3年柿埜瑞季さん(18)が8月7日、「第99回全国高校野球選手権大会」開会式の司会を甲子園球場で務める。同校部員では18年ぶりの大役。「球児の行進を支えると同時に、会場の雰囲気を盛り上げたい」と張り切っている。

 司会は、NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会アナウンス部門の上位入賞者から選ばれるのが通例になっている。柿埜さんは6月の同部門で準優勝した。

 柿埜さんにとって、甲子園球場は憧れの舞台だ。小学低学年のころ、祖父に連れられて同球場で開会式を見た。当時は、司会も高校生が担当すると知らなかったが、「司会の第一声が会場に響いたのが印象的...    
<記事全文を読む>