第99回全国高校野球選手権兵庫大会第15日は25日、ほっともっとフィールド神戸と明石トーカロの両球場で準々決勝4試合があり、明石商は3-2で市川に競り勝ち、3年連続の4強入り。

 今年も壁を越えられなかった。2年連続の準々決勝敗退に市川の馬場主将は「要所で投手を含む相手の守りが一枚上だった」と声を落とした。

...    
<記事全文を読む>