第99回全国高校野球選手権兵庫大会第15日は25日、ほっともっとフィールド神戸と明石トーカロの両球場で準々決勝4試合があり、神戸国際大付は1-0で関学に完封勝ちし、2年ぶりの4強進出。

 5回戦で延長十四回を制した関学の勢いは通じなかった。投手陣を援護できず、「何とか点を取ってやりたかった」と山田主将はむせび泣いた。

...    
<記事全文を読む>