第99回全国高校野球選手権兵庫大会第15日は25日、ほっともっとフィールド神戸と明石トーカロの両球場で準々決勝4試合があり、滝川第二は2-0で育英を破り、2年ぶりのベスト4を決めた。

 育英のエース野上は「僕の力がなかった」と涙が止まらなかった。六回までに6安打を浴びて2失点。本調子からは遠かった。

...    
<記事全文を読む>