第99回全国高校野球選手権兵庫大会第14日は23日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸など2球場で5回戦の残り4試合があり、市西宮は12-1で伊川谷北を五回コールドゲームで下し、3年ぶりの5回戦突破。

 試合時間はわずか1時間6分。市西宮が1イニング10得点の猛攻で早々と勝負を決めた。三回、無死満塁から高浜が押し出し四球を選んで相手先発を引きずり下ろすと、代わったエースにも5安打を浴びせて畳み掛けた。

...    
<記事全文を読む>