大会第13日は22日、姫路市ウインクなど2球場で5回戦4試合があり、明石商、市川、神戸国際大付、関学が準々決勝に勝ち上がった。

 関学は今大会最長の延長十四回の末、神港学園に6-5でサヨナラ勝ちし、3年ぶりの8強進出を果たした。明石商は5-0で北須磨に完封勝ちし、8年連続の5回戦突破。市川は3-2で東播工に逆転勝ちし、2年連続でベスト8入りし、神戸国際大付も9-2で松陽に七回コールドゲーム勝ちし、4年連続で8強に進んだ。

 第14日は23日、明石トーカロ、ほっともっとフィールド神戸で5回戦残り4試合があり、8強が出そろう。準々決勝(25日)の組み合わせ抽選は23日午前9時から明石ト...    
<記事全文を読む>