大会第8日は16日、明石トーカロなど6球場で2回戦15試合があった。第1シードの三田松聖は5-2で兵庫商に逆転勝ちし、3回戦に進んだ。市神港との学校統合により来春で閉校する兵庫商は、市神港に続いて最後の夏を終えた。他の第1シード勢も市西宮が7-0で県伊丹に、伊川谷北は7-0で尼崎北にそれぞれ快勝。西脇は2-0で明石高専に完封勝ちした。

 姫路南は7-3で御影に逆転勝ちし、舞子は3-2で姫路西に競り勝った。姫路市ウインク球場の伊丹西-香寺は雷雨のため、二回終了時点でノーゲームとなった。高砂球場の高砂南-三木北も約1時間半の中断を挟み、10-0で高砂南が勝った。

 第9日は17日、3回...    
<記事全文を読む>