「野球の怖さを改めて感じましたね」。今春から西宮今津の野球部顧問を務める朝日放送(ABC)元アナウンサー、清水次郎さん(45)は、一回に3点を先制しながら逆転負けしたナインをスタンドからぼうぜんと見つめた。

 プロ野球の阪神戦や高校野球の全国大会を長年実況。「教育に携わりたい」との思いが高じ、通信教育で社会科の教員免許を取得。兵庫県の教員採用試験に合格し、今春、同校に赴任した。

 「まだ3カ月ほどで指導と言えるほどの貢献はできていない。むしろ下手なノックで迷惑をかけた」と清水さん。それでも増本大輔主将は「一流のプロ選手や甲子園のことなど、ためになる話をたくさんしてくれた」と感謝する...    
<記事全文を読む>