「仲間とならどんな壁も越えられる。そう信じてやってきた集大成をこの夏にぶつけます」。加古川南の内田主将は、チームメートや支えてくれた人たちを思い浮かべながら選手宣誓した。

 文面は、3年生の控え投手長谷川が内田の思いを踏まえて考え、他の選手の言葉も加えて完成させた。けが続きの長谷川が落ち込んでいた頃を知っているだけに「ものすごくうれしかった」と内田。一字一句をかみしめて大役を果たした。

 昨夏の大会後、主将になり、「チームがバラバラな時期もあったが、一人一人の気持ちを聞き、みんなで野球を楽しみたいと伝えてきた」と、チームをまとめてきた。第2シードで臨む今大会。「今はチーム一丸となれ...    
<記事全文を読む>