第99回全国高校野球選手権兵庫大会は8日、明石トーカロ球場で開幕する。1枚の甲子園切符を目指して163校162チームが激闘を繰り広げる。日程が順調に進めば、27日に準決勝、28日に決勝を行い、兵庫代表が決まる。

 開会式は8日午前11時から同球場であり、前年優勝校の市尼崎、同準優勝校の明石商、第1シード校のほか、東播、神戸地区の学校を中心に、計73校72チームが入場行進する。選手宣誓は加古川南の内田大聖主将が行う。雨天の場合は中止。

 開会式に続き、午後1時から開幕試合となる神崎-三木の1回戦1試合が行われ、熱戦の火ぶたが切られる。始球式は、今年2月にドイツで行われた柔道の国際大会...    
<記事全文を読む>