第99回全国高校野球選手権大阪大会の最終日は30日、大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで決勝を行い、甲子園での春夏連覇を狙う大阪桐蔭(大東市)が春夏通じて初の甲子園を目指した大冠(高槻市)を10-8で下し、3年ぶり9度目の優勝を飾った。優勝を決め、マウンド上で喜びを爆発させる大阪桐蔭ナイン=30日午後、大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアム 大阪桐蔭は2点を追う五回に連続押し出し四球で同点とすると、六回に藤原恭大選手(2年)のソロ本塁打で勝ち越し。八回には打者一巡、6長短打を集めて5点を奪い、突き放した。

 大冠は0-1の三回に4連打を含む5長短打で4点を挙げて一時は...    
<記事全文を読む>