夏の全国高校野球選手権京都大会の開幕を前に、京都府長岡京市の中小路健吾市長が6日、同市友岡1丁目の乙訓高を訪れ、野球部員を激励した。

 同高の野球部は113人で広島、徳島県などの強豪校との練習試合やチームワークを高めるための走り込みなどを重ねてきた。初戦は11日に、わかさスタジアム京都(京都市)でシード校の東山高と対戦する。

...    
<記事全文を読む>