【全国高校野球選手権福井大会決勝・坂井3―0敦賀】 福井県立坂井高校のコツコツ野球が、夏の甲子園出場という重かった歴史の扉をこじ開けた。1回戦から厳しい試合の連続だったが、接戦やピンチ、要所で逃げずに勝負強さを発揮。悲願の初出場を決め、川村忠義監督は「(選手時代も含め)あと一歩で出場を逃し、悔し涙を流してきたので決まって本当にうれしい。最高の教え子たちだ」と目頭を押さえた。

 飛び抜けた強打も派手なプレーもない。「打てないのは分かっている。全員で1点ずつ積み重ねて、守り勝つしかない」と吉田温郎。一回に1点を先制し、二回の攻撃で坂井らしさが出た。

 1死三塁で1番吉田が追い込まれながら...    
<記事全文を読む>