第99回全国高校野球選手権福井大会第5日の22日は、福井市の福井フェニックススタジアムで、準々決勝の啓新―福井商業と武生商業―敦賀気比の2試合を行う。

 啓新は初戦の2回戦で、2度相手にリードを許したが、宮治大起、秋山和徳がそれぞれ2打点と活躍。先発した藤原直也は、7安打を許しながらも2失点に抑え、精神的な成長もみせた。注目の右腕・牧丈一郎は4回を無安打に抑えた。

 福井商業は1回戦を15安打10得点でコールド勝ちしたが、2回戦では7安打ながら2得点と打線につながりを欠いた。石本太一は2試合で先発し、計14回を投げて被安打はわずか3。好調のエースを打線がどれだけ援護できるかが鍵。

 ...    
<記事全文を読む>