第99回全国高校野球選手権福井大会第4日の21日は、福井県内2会場で2回戦6試合を行う。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は敦賀―若狭の嶺南対決。ともに甲子園経験のある古豪同士が相まみえる。

 敦賀は1回戦で第3シードの高志を4―1で退けた。先発した深山航が7回1失点の好投。打線では景山徳馬が2安打3打点と存在感を見せた。勝てば2010年以来7年ぶりの8強となる。一方の若狭は1回戦で武生工業を3―2で下した。中軸の入江花男、山口源輝らの活躍で序盤にリードし、粘る相手を振り切った。3年連続の8強入りを見据える。

 第1試合は福井商業と科学技術が対戦。夏にめっぽう強い福井商業は1984...    
<記事全文を読む>