【全国高校野球選手権福井大会2回戦・敦賀気比12ー5福井工大福井】 土壇場で敦賀気比の逆襲を見た。強打の福井工大福井を相手に2点を追う九回、打者13人で7安打を集中。9点を奪い、一気に試合をひっくり返した。東哲平監督は「秘めていた力を出してくれた。やっと爆発した」と目を細めた。

 六回に2本塁打を浴び、0―5と苦しい展開だったが、「逆にあれで吹っ切れた。振らないといけないことを思い出してくれた」と東監督。強烈なパンチ2発を食らい、眠っていた打線が目覚めた。

 七回に1点を返し、八回に阪口竜暉が先発氏家拓海から中越えにソロを放つと、杉森圭輔は代わった摺石達哉から左翼席へ運んだ。2年生...    
<記事全文を読む>