第99回全国高校野球選手権福井大会第2日の16日は、福井県内2会場で1回戦6試合が行われる。福井フェニックススタジアムの第1試合は高志と敦賀が対戦。高志は春の大会で4強入りし、3年ぶりの夏シード。エースの左腕林洋介を筆頭に攻守ともにバランスのとれたチームに仕上がっている。対する敦賀は、走りと勝負強さで競り勝ちたい。課題だった守備も安定し、堅守で流れをつくる。

 第2試合は若狭―武生工業。春の大会でシードを破り8強入りした若狭は、実戦形式の練習を重ねさらに攻撃力が増した。武生工業も今大会に向け力をつけたクリーンアップと高い走力が持ち味。豊富な経験を生かし、好機をとらえ勝利を目指す。...    
<記事全文を読む>