第99回全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ抽選会が5日、福井県生活学習館(福井市)で開かれ、出場30校の対戦カードが決まった。春のセンバツに出場した第2シード福井工大福井のゾーンに、強豪敦賀気比が入った。⇒昨夏はノーシード北陸がV 春の成績を基に啓新、福井工大福井、高志、坂井がシード校。抽選会では各校の主将が1人ずつ決意表明し、その後くじを引いていった。

 全体的にはノーシードの強豪校が分散した印象。第1シード啓新ゾーンには実績のある福井商業のほか、春の県大会8強の大野や、福井市長旗大会を制した科学技術が入った。福井工大福井ゾーンは敦賀気比が1回戦を突破した場合、2回戦で両校...    
<記事全文を読む>