第99回全国高校野球選手権石川大会の組み合わせ抽選会は6日、津幡町文化会館シグナスで開かれ、夏の甲子園を目指す50校49チームの対戦相手が決まった。開幕日の14日は県立野球場で午前10時からの開会式に続き、石川高専-大聖寺の1回戦で熱戦の火ぶたが切られる。開会式の選手宣誓は小松明峰の四塚悠真主将が務める。

 春の県大会(本社後援)で上位に入ったシード勢は2回戦から登場し、優勝の金沢が金沢商、準優勝の星稜が羽咋工、3位の航空石川が鵬学園、寺井が泉丘とそれぞれ対戦する。

...    
<記事全文を読む>