第99回全国高校野球選手権富山大会第6日は22日、県営富山、城光寺の2球場で3回戦4試合を行い、シード2校が敗れる波乱があった。富山いずみが延長十一回の末、第2シードの呉羽を5-3で破り、不二越工は第1シードの砺波工に5-2で競り勝った。春季県大会優勝の高岡商は富山工を8-5で下し、高朋が伏木に8-1でコールド勝ちした。23日は同じ2会場で3回戦3試合を行う。

 富山は対戦相手の高専射水が部員不足で棄権したため、既に8強入りを決めている。

...    
<記事全文を読む>