13日に開幕する第99回全国高校野球選手権富山大会の組み合わせ抽選が6日、射水市アイザック小杉文化ホールであり、47チーム(48校)の対戦相手が決まった。第1シードでは、センバツに出場し春季県大会優勝の高岡商が滑川、同準優勝の砺波工が魚津と、それぞれ17日に初戦の2回戦に臨む。選手宣誓は高専射水の大代浩一朗主将(3年)が行う。

 昨年に続き泊・上市が連合チームでエントリー。春季県大会で4強入りした呉羽と高朋が第2シード、8強の桜井、新湊、高岡、高岡向陵が第3シードとなる。甲子園を懸けた戦いは15日から始まる。

...    
<記事全文を読む>