第99回全国高校野球選手権三重大会(県高校野球連盟など主催)は26日、四日市市羽津甲の市営霞ケ浦球場で決勝があり、津田学園が4―3で三重を下して初優勝した。津田学園は8月7日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する全国高校野球選手権に県代表として出場する。平成八年春の選抜大会に出場しているが、夏の甲子園出場は初めて。PL学園高―明治大―日本通運で活躍した佐川竜朗監督(38)の就任後、再び頭角を現し、二年連続の決勝進出で悲願の優勝を果たした。全国高校野球選手権の組み合わせ抽選会は8月4日、大阪市のフェスティバルホールで開かれる。

...    
<記事全文を読む>