第99回全国高校野球選手権三重大会は第7日の22日、四日市球場など4球場で3回戦8試合があり、近大高専、菰野、津田学園、津商のシード勢と、三重、海星、いなべ総合、四日市南がベスト8に進出した。前年度覇者のいなべ総合は久居農林を9―2の七回コールドで退けた。第1シードの近大高専は松阪を14―5の七回コールドで下し、第96回大会以来3年ぶりの8強入り。第2シード菰野は白山を6―3で退けて3年ぶりのベスト8へ。第3シード津田学園は紀南を7―0の七回コールドで破り3年連続の8強に名乗りを上げた。第4シード津商は松阪商を6―1で破り甲子園初出場の97回大会から3年連続のベスト8入りを果た...    
<記事全文を読む>