コールド負けの結末に、エースの涙は止まらなかった。二回途中から登板し、5失点を喫した宇治山田商の宮原大樹投手(三年)。最速143キロの直球が武器の好投手は早くも大会を去った。

 エースナンバーを背負った昨夏は初戦敗退。今年五月には練習中に右肘を痛め、一カ月の“投球禁止”を強いられた。「投げられるか不安だった」。ウエートトレーニングを課して、なんとか大会に間に合わせたが、万全な状態ではなかった。

 2点を追う二回無死一塁の場面で左翼からマウンドに向かった。暴投、死球でピンチを広げ、適時打を浴びて1点を失った。すかさず駆け寄ってきた牛江健斗捕手(二年)から「先輩はいつも通りに投げれば打...    
<記事全文を読む>