第99回全国高校野球選手権三重大会(県高校野球連盟など主催)は14日午後1時から、四日市市羽津甲の市営霞ケ浦球場で開会式と、開幕試合の四日市中央工―桜丘がある。13日には同所で開会式リハーサルがあり、大会関係者が最後の準備を整えた。 入場行進練習では、参加65校63チームの先頭を歩く、四日市商バトン部員ら、先導役の相可高校野球部三年、白塚雅祥君(17)、国旗、大会旗を持つ11校の野球部女子マネジャーが、四日市農芸、四日市南、四日市工、海星の北勢地区四校の吹奏楽部の伴奏に合わせて整然と行進した。 先導役は各校ベンチ外メンバーの三年生の中から、県高野連が選んだ。今年2月の腰の...    
<記事全文を読む>