立ち上がりに先制し、加点した大垣日大が、危なげない試合運びで5年連続の4強入り。

 一回に美濃加茂池戸の立ち上がりを攻め、1年生5番内藤の中越え2点三塁打、白井の左前打で3点を先取。修行が五回に右犠飛、七回に適時二塁打で1点ずつ加点。修行と石川のリレーで反撃を1点に抑えた。

 美濃加茂は、大垣日大と同じ13安打を放ち再三得点圏に走者を進めるも、六回に会津の遊ゴロの間に1点を返すにとどまり13残塁。先発池戸も5失点と粘れなかった。

 ○大垣日大・阪口慶三監督 向こうの投手(池戸昇太)の魂を感じた。よく腕を振っていた。一回は理想通りの形。内藤圭史は、追い込まれながらもよく打ったね。素晴ら...    
<記事全文を読む>