夏連覇を目指す中京院中京が終盤に7得点を挙げる猛攻をみせ、岐阜聖徳の猛攻をかわして準決勝進出を決めた。

 3-3の七回に高野の右前適時打で勝ち越すと、続く八回も饗場の左前適時打でリードを広げた。九回にはダメ押しとなる西川の中越え2ランなど一挙5得点を奪った。先発古田を継投した今大会初登板の工藤が持ち味の直球で押し、追撃を振り切った。

 岐阜聖徳は再三にわたる粘りをみせ、最終回にも2点を返したが、直前の大量失点が響いた。

 ○中京院中京・橋本哲也監督 まさかここまでの打ち合いになるとは。何とか最後は投手陣が踏ん張ってくれた。だが(先発)古田星投は、本当なら六回を投げきってほしかった。も...    
<記事全文を読む>